特集上映

 テン年代の青春映画-vol.1-


3/10に下北沢の映画館=下北沢トリウッドにて「テン年代の青春映画」と題した特集上映。上映対象は2010年代に制作された映画で、インディペンデント体制で撮られた作品。作品ラインナップは、海外からは本年度公開された『イット・フォローズ』で戦慄的な作品を生んだデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の前作で劇場未公開作品になっている「アメリカン・スリープオーバー」、先日行われた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」では新作『脱脱脱脱17』が審査員特別賞を受賞したばかりの18歳現役女子高生・松本花奈監督の初長編作『真夏の夢』、俳優としても活躍目覚ましい森岡龍監督のPFFアワード2011エンタテインメント賞にも輝いた『ニュータウンの青春』、第9回田辺・弁慶映画祭の映検審査員賞を受賞した甲斐博和監督『INNOCENT15』等を始め、短編〜長編まで様々な青春映画を上映する。監督年齢18歳〜43歳という、幅の広いラインナップとなった。2010年代に生まれた日本と海外の作品を、若者の街・下北沢で体験して欲しい。

Aプログラム 


『九月の海の子どもたち』

(2016年 / 50分)

監督 鯨岡弘識

 

1993年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科在籍。大学二年生時、独学で映像制作を始める。2014年、『君は東京が嫌い』が第三回関西学生映画祭グランプリを獲得。2015年、『ごめんねマリモ』が青山フィルメイト2015や第7回下北沢映画祭にノミネートされるなど、継続的に作品を監督している。

 


【作品概要】

高校からの同級生である男女4人、彼らは1人が留学から帰国したことを機に再び集まることになる。しかし、彼らは各々が持つ悩みに翻弄され、解決策が見出だせていない。なにも判断できないまま、時間は刻一刻と過ぎ去っていくのであった…。現役大学生が描く、22歳のリアルを追求した青春群像劇。

【CAST】越中谷翔子 西村理佐 藤ノ木拓磨 井岡亮 斉藤結女 日高七海 徳永桜介 野仲美穂 野仲恵 佐藤啓也 上石裕己 飯田萌子 岡崎明日香 岡洋子 河野有実 斉藤翔 松原浩平 米山智輝 岸智貴 松坂貴大 善長まりも

【STAFF】監督・撮影・編集/鯨岡弘識    撮影補助/飯田萌子  脚本協力/西村理佐 前田聖来   制作/Flicks 協力  ガモウスタジオ  有限会社 ベビーティアーズ   株式会社 リプロモ


『アメリカン・スリープオーバー』

(2010年 / 97分)

監督 デヴィッド・ロバート・ミッチェル

 

1974年デトロイト生まれ。高校のときから脚本執筆や映画制作に取り組む。フロリダ州立大学で短篇 “Virgin” (2002)を製作後、映画の編集の仕事をしながら製作した処女長編『アメリカン・スリープオーバー』(2010)でサウス・バイ・サウスウエスト国際映画祭審査員特別賞を受賞など、高い評価を受ける。新作としてホラー映画『イット・フォローズ』 “It Follows” が日本でも公開された。


【作品概要】

デトロイト郊外、夏休み最後の週末。少年は一目惚れした女性を探し、大学生は双子の姉妹の間で揺れ、少女は“楽しいなにか”を追い求める。初めてのキス、言葉では言い表せない恋、そしてパーティ。青春を追いかけている彼らだが、その瞬間もいつかノスタルジーを感じる過去になるのだと気づき始め……。 毎年恒例の「スリープオーバー」(お泊まり会)を舞台に若者たちの夏を輝かしく描いた本作は、監督デヴィッド・ロバート・ミッチェルのデビュー作としてカンヌ国際映画祭批評家週間部門で初上映された。同部門へのエントリーは、アメリカ映画としては実に5年ぶりという快挙であった。

 

【CAST】クレア・スロマ、マーロン・モートン、アマンダ・バウアー、ブレット・ジェイコブソン

【STAFF】監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル

 

【上映協力】株式会社エレファントストーン/Gucchis Free School 




Bプログラム    


『自転車の外へ』

(2015年 / 53分)

監督 廣瀬有紀

 

1992年生まれ、多摩美術大学映像演劇学科在学中。八丈島ロケを敢行した2015年監督作品「自転車の外へ」が第27回東京学生映画祭で入選、撮影作品「ふざけるんじゃねえよ」(清水俊平監督)が第26回東京学生映画祭(グランプリ受賞)、NIPPONconnection(ドイツ)など多数の映画祭で上映され撮影を評価された。

たまふぃるむ2016作品「夜明けの行灯」(佐々木竜彦監督)では撮影を担当している。


【作品概要】  

”フィルムカメラの閃光と拳銃の火花”

主人公・慎太郎の住む世界は狭かった。

自転車での一周は2時間でこと足りるし、自身の父親は同級生・春夫の父親に雇われている。 物理的にも狭い島国での生活に終止符をうったのは、納屋でみつけたフィルムカメラの閃光と拳銃の火花だった。

 

【CAST】小出水賢一郎、得地和軌、加藤将大、椎名琴音、米倉豪太

【STAFF】監督:廣瀬有紀


『ニュータウンの青春』

(2012年 / 95分)

監督 森岡龍

 

1988年、東京都出身。千葉県浦安市で青春時代を過ごす。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業。2008年に『つつましき生活』で第 30 回ぴあフィルムフェスティバルに初入選。2010年の第32回PFFでは『硬い恋人』が入選。以降、コンスタントに作品を発表。俳優としては2004年に石井克人監督作品『茶の味』でデビュー。主演作として『君と歩こう』(’05年/石井裕也)、『見えないほどの遠くの空に』(’11/榎本憲男)がある。今作品は初の劇場公開作品である。


【作品概要】

ガランとした街、その中に立ちはだかる巨大なショッピングモール、シャッターを下ろす商店街、夜な夜な街を徘徊する若者達、うるさい原付の走行音。監督・森岡龍にとってそれが育った街のすべてだった。多摩美術大学の卒業制作であるこの作品は、第33回ぴあフィルムフェスティバルにてホリプロ・エンタテイメント賞を受賞し、自主制作としては群を抜いた質の高さと、「青春映画」としての意義を強く感じる瑞々しさが高く評価された。しかし彼はそんな評価をよそに、じれったさや歯がゆさがつきまとう思春期の自分と、その仲間達、育った街から卒業しようと決意した。この作品はいわば彼にとって、青春時代との決別の儀式なのだ。

 

【CAST】島村和秀 飯田芳 嶺豪一 河井青葉 吉谷彩子 宇野祥平 今村左悶 池田将  松本花奈 前野朋哉 橋本一郎 渡辺大知(黒猫チェルシー) 光石研(友情出演)

【STAFF】脚本・監督:森岡龍




Cプログラム  


『真夏の夢』

(2014年 / 75分)

監督 松本花奈

 

1998年生まれの18歳。

「真夏の夢」は初長編監督作。

新作「脱脱脱脱17」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016にて審査員特別賞と観客賞のW受賞。

 


【作品概要】

漁村の村に暮らす仲良し男子高校生三人組。

彼らの前に、ある日東京から美少女が転校してくる。

彼女に気に入られようと奮闘する三人。しかし彼女にはある秘密があった・・・。

夢かうつつか、一夏の物語。

運命は星が決めるんじゃない。僕たちの想いが決めるんだ!

 

【CAST】東條 裕輝・宮本 優也・吉田 武揚・寺坂光恵

【STAFF】松本 花奈(監督・脚本・編集)

林 大智(撮影・カラコレ)・小畑智寛(撮影・録音)・川角崇成(録音・空撮)

ジョリー伸志・野島達司(共に監督補佐)


『イノセント15』

(2016年 / 88分)

監督 甲斐博和 

 

1977年、鹿児島県屋久島生まれ、38歳。私立桐朋学園中等部、高等部と経て、17歳から2年間、チリ、サンチャゴ市で暮らす。大学を卒業後、役者の道へ。2003年に劇団「TOCA」を立ち上げる。独学で製作した初監督作品、「hanafusa」が2006年PFFにて緒方明監督の熱烈な支持を受け、審査員特別賞を受賞。 2007年には、株式会社アプレ主催のWS作品として、「靴が浜温泉コンパニオン控え室」(2007/監督 緒方明)の、緒方監督との共同脚本を手がけ渋谷ユーロスペースにて上映される。


【作品概要】

東京ではないどこかの町。父親である岩崎大道が、実はゲイだと知ってしまった少年、銀(15)。

母親である佐田律子から虐待を受けている少女、成実(15)。大道の恋人である菊池の愛情。

佐田律子の恋人あっくんの暴力。銀の同級生だが学校には行かずにブラブラしているミンやユウキ。

不器用な人間たちの日常と激情の狭間で、無垢で無知な15歳の銀と成実が垣間見る、ある愛の行方。

第9回田辺・弁慶映画祭映検審査員賞受賞。第24回レインダンス映画祭正式出品。12/17〜テアトル新宿上映。

 

【CAST】萩原利久 小川紗良 /山本剛史/本多章一/木村知貴/宮地真緒/影山樹生弥/中村圭太郎/信國輝彦/久保陽香

【STAFF】監督・脚本/甲斐博和  プロデューサー/前信介 撮影/本杉淳悟 照明/伊藤貴哉 録音/内田達也 VE/桜田公一 整音/根本飛鳥 カラリスト/玉田詠空 音楽/岡田太郎 TEYO 助監督/山之内優 制作進行/岩切一空 磯野龍紀 ヘアメイク/MAMI 川元麻衣 蓼沼仁美 スタイリスト/部坂尚吾 スチール/松井良寛




Dプログラム  


『バトン』

(2015年 / 9分)

監督 奥山大史 

 

1996年東京都出身。高校生の頃から自主制作で映画を撮り始める。「GRADUATION PARTY!!!!!」(14年/監督・脚本)が第一回京都国際映画祭にてクリエイターズファクトリー優秀賞受賞。「白鳥が笑う」」(15年/監督・脚本)が第7回沖縄国際映画祭、10代の映画祭で上映される。「上京を前に」(15年/監督・脚本・主演)で第13回NHKミニミニ映像大賞30秒部門準グランプリ受賞。


【作品概要】

2015年2月に誕生した、小川智之氏が率いる音楽ユニットSpecocoのMVとして制作。 

翔太は、ごく普通の高校生。友達となんとなく初めたバンドでドラムを叩いている。翔太の幼馴染みの勇希は、高校には進まず先に社会に出た。理由は、翔太も知らない。そんな勇希を翔太は内心見下していたが、今ではやけに大人に見える。翔太の中にある鬱積感と行き場のない情熱は、現実か夢かもわからない所で昇華される。音楽が流れ始めると一気に話が進んでいく、新たな形のショートムービー。

 

【CAST】篠田諒  吉成将

【STAFF】脚本・監督・編集:奥山大史   撮影:根岸憲一   プロデューサー:片野真希

助監督:千葉雛子   制作進行:杉本ひかる


『アメリカン・スリープオーバー』

(2010年 / 97分)

監督 デヴィッド・ロバート・ミッチェル

 

1974年デトロイト生まれ。高校のときから脚本執筆や映画制作に取り組む。フロリダ州立大学で短篇 “Virgin” (2002)を製作後、映画の編集の仕事をしながら製作した処女長編『アメリカン・スリープオーバー』(2010)でサウス・バイ・サウスウエスト国際映画祭審査員特別賞を受賞など、高い評価を受ける。新作としてホラー映画『イット・フォローズ』 “It Follows” が日本でも公開された。


【作品概要】

デトロイト郊外、夏休み最後の週末。少年は一目惚れした女性を探し、大学生は双子の姉妹の間で揺れ、少女は“楽しいなにか”を追い求める。初めてのキス、言葉では言い表せない恋、そしてパーティ。青春を追いかけている彼らだが、その瞬間もいつかノスタルジーを感じる過去になるのだと気づき始め……。 毎年恒例の「スリープオーバー」(お泊まり会)を舞台に若者たちの夏を輝かしく描いた本作は、監督デヴィッド・ロバート・ミッチェルのデビュー作としてカンヌ国際映画祭批評家週間部門で初上映された。同部門へのエントリーは、アメリカ映画としては実に5年ぶりという快挙であった。

 

【CAST】クレア・スロマ、マーロン・モートン、アマンダ・バウアー、ブレット・ジェイコブソン

【STAFF】監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル

 

【上映協力】株式会社エレファントストーン/Gucchis Free School 



上映プログラム・トークゲスト情報

 

日程:3/10 (木)

開場時間:午前9時30分〜

各回上映後、トークショーを予定

各回、Dプログラム以外は途中休憩5分あり。

 

Aプログラム (10:00〜12:45) 147分  

『九月の海の子どもたち』 監督 鯨岡弘識(2016年 / 50分)

『アメリカン・スリープオーバー』 監督 デヴィッド・ロバート・ミッチェル(2010年 / 97分)    

 

トークゲスト: 鯨岡弘識 監督、井岡亮、徳永桜介 西村理佐、斉藤結女

 

 

Bプログラム (13:00〜15:50)  148分  

『自転車の外へ』  監督 廣瀬有紀(2015年 / 53分)

『ニュータウンの青春』 監督 森岡龍 (2012年 / 95分)      

 

トークゲスト:廣瀬有紀 監督

 

 

Cプログラム(16:10〜19:15)  163分  

『真夏の夢』 監督 松本花奈 (2014年 / 75分)

『INNOCENT15』 監督 甲斐博和 (2015年 / 88分)     

 

トークゲスト:松本花奈 監督、 甲斐博和 監督、小川紗良、萩原利久 

 

 

Dプログラム (19:35〜21:35) 106分

『バトン』 監督 奥山大史 (2015年 / 9分)

『アメリカン・スリープオーバー』 監督 デヴィッド・ロバート・ミッチェル(2010年 / 97分)   

 

トークゲスト:戸田彬弘(映画監督・演出家)、阿部はりか(演出家)

 

※登壇者は予定なく変更になる可能性がございますのでご了承下さい。

 

 

チケット前売り:¥1,000 / 当日:¥1,500 (1プログラムの料金) 

前売りご購入はこちらから

https://tixee.tv/feature/shimokita-nite

 

<ご注意事項>

・全席自由席、1プログラムごとの入れ替え制です。

・各プログラムは、当日の朝9時半〜劇場窓口で入場整理券を引き換え開始します。

・前売り券をご購入の方でも、入場整理券をお引き換え頂かないと、ご入場出来ませんのでご了承下さい(満席の場合は、当日窓口でのみ払い戻し致します)

 


会場:下北沢トリウッド

 

〒155-0032 

東京都世田谷区代沢5-32-5-2F 

TEL 03-3414-0433

 
HP

http://homepage1.nifty.com/tollywood/map/map.html

 

 

下北沢駅南口で降りてください。 

階段を降りるとすぐ「マクドナルド」さんが見えます。

 

「マクドナルド」の横にある「下北沢南口商店街」の緑色のゲートをくぐってまっすぐ進んでください。 

道中右手にカレーパンで有名なパン屋さんがあります。水森亜土さんの看板絵が目印。 

 

道中右手にミスタードーナツさん。まだまだまっすぐ進んでください。

「八百屋」さんの手前の角を曲がってください。 

 

「八百屋」さんはシャッターが閉まっていることもありますが、「餃子の王将」さんの道路をはさんで真向かい辺りです。 

「シカゴ」さんの脇にある階段を上ってください。 

 

トリウッドはこの建物の2階です。 

2階には階段のほうから順番に「美容院」「トリウッド」が入っています。